英語程楽しい物は無い!Learning English is a Primal Urge!

日本国内で英語を学習してネイティブスピーカーを目指す:中級者からの英語学習を徹底的に考えます

Game of Thrones : Season Finale My Reactions


また、書かせていただきました。興味ありましたら、どうぞ。

https://wordpress.com/posts/dw64.wordpress.com
  1. 2017/08/29(火) 00:10:17|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

今の学校改革について


今の学校の英語教育改革についてですが、東大の准教授の阿部先生のお話です:

抜粋します。興味ある方はツイッターでこの方の全編読んでみるとおもしろいかもしれません。

jumping5555: 〈speaking〉の困難は、「練習」や「慣れ」で多少克服できます。対人的な場では、明朗さや「自信満々」の演出が助けになることもある。ただ、「ノリが大事。文法や単語などの知識は関係ない」というのは初学者が陥りやすい誤解。またテスト結果の信頼度も、やや不安定です。(10/16)
jumping5555: 本来、〈speaking〉とは伝える内容や、場への理解があって初めて意味をなす総合的な行為です。〈speaking〉だけを抽象化した練習は難しい。学習段階に応じて知的刺激、関心の発掘、注意の方向づけなど組み込むべき。その土台として読み聴く能力の鍛錬は必須です。(11/16)

jumping5555: 〈writing〉〈speaking〉ももちろん大事ですが、〈reading〉や〈listening〉を削ってそちらに振り分けるのではなく、むしろ〈writing〉や〈speaking〉をより高次の技能ととらえ、生徒をそこまでひっぱりあげるには?という考え方をすべき(15/16)

jumping5555: この何十年、学校英語は明確に「オーラル重視」に舵をきってきました。その結果、読解の時間は削られ、文法知識はおろそかになり、しかもあいかわらず数学オリンピックの高校生は英語がしゃべれないという。誤った「オーラル重視」が言語運用能力全般を引き下げたと考えるべきでは?(11/16)

jumping5555: 大学や企業がこれだけTOEIC対策に力を入れているのになお、「しゃべれない」のだとしたら、むしろそういう試験こそが元凶では?と考えてみてもいいのではないでしょうか。そもそもspeakingに特化して練習できるという考えに問題があります。(この問題はフォローします)(13/16)

阿部公彦  @jumping5555

この辺りでTWITTERで検索してみてください。

で、実際納得なんですが、英語は日本語と構造が最も離れていて、だいたいS O O Vという順番の言語はあまりないですね。しかも場所でなく助詞で帰る日本語。いつも教えて思うのは、そのコンセプトを覚えないとどうにもならず、日本語での解説が必要。これを英語でなんて無理ですね。

自分も、音から入ったという違いはあれ(そこは改革必要だと思います。ある意味では教師を変えるべきです)、文法を学びつつ読みとリスニングを徹底してやり、その後練習で鍛えるが理想と感じています。で、一般的にはその文法、リーディング、ライティングを共通でやって、スピーキングとライティングは有志が行う。実際、かなり大変ですよね。いや、お買い物や趣味程度ならすぐできますが、でその辺まで含めていいですが、工学やビジネスの話し、複雑な関係のからむ映画の内容、やはり、語彙と複雑な構造を扱う力必要ですね。本なんか引用しまくったりパロって話すことありますが、新聞や小説レベルの英語を聞いてわかり話せないと議論できないわけなので。

で、もう1つ。私がテストは意識しないというのはそこにあります。英検1級も実は過去問も解かずに(高2の終わりに1題ミスで落ちましたので正確には1回本物を受けましたが)全て合格しています。今も満点を取りに行けば取れないことはないですが、過去問やったりしないで、その代わりネイティブスピーカーが初見でとる平均950点前後(920 - 970)、TOEFLなら100ちょっと(600-640)ぐらい取れればいいと思っています。結局、その勉強をしても英語力にならないというか、そのぶん読んだり聞いたりした方が、いいと思うのです。まあ、テストの詰めをしたかどうかの差はそこまでではないので、実感としては900割ったことはないですし(お金の都合で本番は何度も受けてないですが)、600も切ったことないですし、1級も持っているので、何も勉強しなくてもそこまでは取れると思いますが。

あとは勿論、CELTAで教わりましたが、必要な英語が第1。NYCならNYCの街角の英語、London留学するならKondon英語、TOEFLならTOEFL、大学受験なら大学受験用の英語を教えるのが大事と教わっていますので、もともとそう考えていますし、それで徹底的に教えますが。一応、アメリカのネットワークイングリッシュの文法と(ローカルルールも少々)日本の受験文法はきっちり入ってます。イギリス英語は知らないので、はっきりわかりませんので、発音含めて教えられませんとお断りしています。

とにかく、今の改革で、「楽しく話せるように」と「寝転がって体重が10キロ減ります」的なことにならなければいいと思いますが、、、、英語のゆとり教育になることを私も危惧し始めた今日この頃です。

もし、私の言葉を信じてくれるなら(Take it from me!)、これだけ覚えておいてください:

英語ができる人になる最低限の勉強量は(これは某英語の大家の言葉で國弘先生だったかもしれませんが、私は納得したので使います):
1日3時間 x 10年間

なので、自分は1級のレベル+これを目指しました。
まあ、猪突型なので1日5-6時間で現在6年目です。
まあ、一生やってますが。だから皆さん、
私の紹介している方法だと楽しいじゃないですか。
映画見て原作読んで、好きなフレーズ口ずさんで、
感想をファンサイトに書いたりりyoutubeにアップして、
それを見知らぬ国の人と語る。

で、そこまで行っていない人は
(ある程度のレベルからできますよ、
歌とかスポーツとか)
そうなれたらいいな、そうなるぞ!
と努力する。今はDVDで字幕出たりなので
自分が英語習った頃からすると天国です。

ということで、英語を楽しみましょう!
でもそれは決して、寝っ転がって楽する意味ではありません。
楽しく毎日20キロ走るわけです。風景とか
音楽とか楽しみながら。ドラマなんか最高ですね。





  1. 2017/08/24(木) 07:47:51|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

もう1つfinale前に書きました


もう1つ、ブログを書かせていただきました。

1つ思うのは、昨日Game of Thrones と Twin Peaks Returnを見たら
いろいろ浮かんできて止まらない・・・アミノに投稿しました。

で、書いて、ついたコメントにレスしたり、時にそこで話ししたり。
物語好きの話好き、でも、向こうの人もそうです。
言いたいこと湧いてきて止まらない、も大切ですね。
そのためには、インプットしまくりましょう。
向こうの人も100回ぐらい同じ映画見たりします。

http://aminoapps.com/p/d2a351

これと、来週がseason finaleなので、来週書いたらしばらく書かないと思いますので。

  1. 2017/08/22(火) 07:04:39|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

もう、今週何本書いているのでしょう(笑)

すいません、あと1話でGame of Thrones Season 7 シーズン終了なもので。
いや、Twin Peaks Season 3もあと数話です。

https://wordpress.com/posts/dw64.wordpress.com

まあ、物語の評論はもう少しで仕事にしていたかもしれませんので。
(一応上智大学の米文学専攻の博士前期出ているので)
  1. 2017/08/22(火) 01:19:36|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

最近思うこと


最近思うことが1つあります:



英語 リスニング=(文法力 + 単語力)x理解力x音での理解力

リーディング=(文法力 + 単語力)x理解力x文字での理解力

スピーキング=(文法力 + 単語力)x運用力x音での表現力&回転数

ライティング=(文法力 + 単語力)x運用力x文字での表現力&正確さ



*たくさんできる方法を見つけて文法、単語+各技能の練習を1時間でも多くやった人が力がある(ネイティブ含めて)。ある程度正しいやり方で、「大量」にやる。授業批判が出たりしていますが、音を指導していない、ある技能の練習が足りないには事実ですが、あとは練習量が足りないのにやり方のせいにしている感があります。



If you want extraordinary results, you must put in extraordinary efforts. (By Cory Booker)

と思います。

で、学習本屋先生の価値の大半は自分のやり方を見つけることで電話帳のようなものだと思います。なので、確かGInsberg(かKerowack)が言った、教師とは電話帳のようなものだという言葉が響きます。
  1. 2017/08/20(日) 07:12:01|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村