英語程楽しい物は無い!Learning English is a Primal Urge!

日本国内で英語を学習してネイティブスピーカーを目指す:中級者からの英語学習を徹底的に考えます

I posted a new article in another blog

I posted a new article on another blog page of mine.

https://dw64.wordpress.com/2017/04/16/dcs-legends-of-tomorrow/
  1. 2017/04/16(日) 23:23:47|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

New Post!

I posted a new article on another website of mine :

https://wordpress.com/stats/day/dw64.wordpress.com

ということで、よろしくお願いいたします。

なお、あちらも新しい記事をアップすると、visitorが来てくれているようです。
アメリカが10人くらい、あとはその時々で、カナダ数名、日本数名、
アフリカ、ドイツなどからも見てくれているようです。ありがたいです。
  1. 2017/04/03(月) 22:46:51|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Update on my other site


別サイト更新しました

https://dw64.wordpress.com/2017/04/02/this-is-a-new-globalized-era-orand-american-people-are-so-fair/
  1. 2017/04/02(日) 23:05:13|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

私の語彙力ー成長の記録

で、語彙力サイト受けて見ました。これは自己申告なんですが、しっかり知っているものだけ受けて見ました。

http://testyourvocab.com/result?user=8192852

同様のサイトいくつか受けて、大体22000前後、ここでもそうなので(1年前は確か21000でした)多分そのくらいだと思います。
nativeが20000-35000、non-nativeが2500-9000。35000を一応狙ってます。

Screenshot latest


下のサイトは存在しない単語も入っていて適当にやるとマイナスされます。ちなみに日本人対象サイトでIELTS7.5が上限なのでそれ以上の判定出ません。で、2年前の結果ですが13500上限で13000以上で上位3%、大学院入学レベルでこのサイトの上限判定です。上限なんでこの時も知りたいと思い(それでさっきのサイト知ったのですが)当時さっきのようなサイトでやったら18000とでました。他のサイトでも同様の結果でしたので、この手のサイト、結構正確だと思います。2年で一応4000くらい伸びました。このデータもしっかりどこでも同様に伸びています。あと、8000は覚えて、30000にしたいです。英語学習はまずは運用力でその後は語彙力だと思っていますので。

13500上限2014年


ちなみに、native以外の最高は1万前後、英検1級が1万前後、IELTS7.5ということなので、まあ、そんなものですか。ちなみにnativeで、先ほどのサイトで大学院生が20000超えるらしく、medicalや作家が30000後前後以上らしいので(受験時にアンケート取られその統計かららしいです)、30000語を目指したいですね!

単語は修行の成果が出ています。やるぜ(笑)。こういうのは妙にこだわったりします。

ちなみに下に性格によくでてる写真貼っておきます(詳細は前投稿の最後みてください)。向こうで寝ているのがB型の私(笑)。

401409_2345507812025_1679928952_1576646_51830147_n copy


  1. 2017/03/26(日) 07:10:53|
  2. 未分類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

僕の目指すものーI want to be an American!


受験生を指導することもあって、最近あちこち学習法を総ざらいしていましたが、あちこちのブログに惹かれ、英語学習に力を入れている方のブログを拝見しました。本当に励みになりますね。

TOEFLやTOEICでの高得点、CEFERでの最高ランク、英検1級、通訳1級。本当に頭が下がります。僕もここで書いている通り相当の英語好きです。もちろん、登り方はかなりユニークですが、最後に行き着くところは英語がよりうまく使えるようになりたいということで、同じだと思います。ですので、その点には最大のrespectを払いつつ自分の目指すものを改めて記しておきたいと思います。

自分は、初めての英語との出会いは7歳くらいの頃のセサミストリート、そして、小学校のクラスメイトが学校に遊びにきた外国人の通訳を務め、小学生でも話せることに驚きました。彼女は幼稚園から一緒の子でした。そして、彼女のお母さんから英語を小学校6年から習うことになります。そこからです。小中学校と勉強好きではなかったですが、英語は好き。飽きない。いや、いくらやっても飽き足らない。そんなこんなで、英語は県でも1位をいただき、高校二年の時、海外経験0で英検、未だに覚えていますが、1級で80点合格で78点。悔しかったです。で、スピーチで優勝しアメリカに6週間ホームステイしました。金持ちでなかったため、これは嬉しかったです。英語好きでもない奴が留学する中、奴らに負けない(話す方です。友人を巻き込み毎日英語を話し、ライオ会話は全部暗記、セサミストリートも毎号暗記、それもこだわり、音から耳コピ暗記、おかげで発音かなり上達しました)と夜中に辞書読んでいたことも少なくなく、学校以外で5時間はやってました。

で、当時は(大学時代含め)TOEFL600点とか(620点でした)目指してましたが、いつしかこう思うようになりました。いくらやっても、映画とかわからないし、話す表現も憧れの米国人ネイティブと違う。自分は、単なる堅物的人間ではないので、アカデミック、インテリだけの英語でもちょっと違う。大学院行くくらいなので向学心もあり、アカデミックな一面もありますが、ハードロックバンドもやっていたくらいで、ストリート英語から、必要があれば、はいアカデミックまですべてこなしたい、と思うようになりました。


さて、その後アメリカの大学院に留学し、またNYCにいき、多くの学習者や多くの英語を目指す人間に会いましたが、nativeでもTOEFL受ければ100前後だし、実際、TOEFL120点近い人間に会って喜んで英語で話したら、発音からして違うし、米英豪、アジアその他グローバル系のどの特徴もない発音と語彙の英語で、スピード感も無い等期待し多分がっかりだったこともあります。我が友人にはたくさんそれ以上の英語を扱う(大半五年以上10台以下での経験のある帰国子女ですが)人間も多く、また、国内組も英語でこれはと思った人は数名でした。
(特に日本人は良くも悪くも型に強いと思うのですよ。で、話すとなると、ディベートと型にはめる。米国でもそれは裁判ほか会話の練習に使いますが、意味合いが違う気がします。私は型がダメなんです。だからJobsの1984 will not be 1984、Appleがいるからに惹かれて、MAC使い続けています)

なんども言いますが、私のローカライズを目指すのは本気です。世界中で通用する英語ははなから目指していません。でも、徹底的に米国人のネイティブ英語を目指しています。TOFLEで120点はいりません(この前、開始に気がつかないヘマをしましたが、それがなく、独身で何度か受けられれば(単にお金の問題です)110前後かなと思っています(過去問等ではそのくらい。公式では十年ほど前換算107点です)。なので、取れないんだろうと言われると、練習してとってやろうかという気もしますが、でも50を過ぎて寄り道はできません。あの問題集をやるのなら、今やっているように、ニュース、slangバリバリのドラマやコメディーショー、学会の発表のような英語を読んで聞いてして、片っ端から書き留め、それを耳コピで覚え、何度も聞く表現を持ち歩き、自分の部屋や車の中で、英語で想定した人間に話しかけまくり、リンクを貼った英語ブログを週に何度か描き、弱い系統の英語が使われるドラマを10時間ぶっ続けbinge-watchを数日続け、自分が運営している趣味ドラマサイトや、リーダーを務めるゲームグループ(いずれも英語で、構成員の半数以上が米国人)で、時折荒らしとすごい汚い英語でやり合いスピードでも圧倒し、でも、時折、実践的なCELTAの先生用の本当にローカルルールまで乗っている(ニュアンスレベルです)文法書も復習し、という感じのことをバランスよく平日5〜6時間、休日10〜12時間ほど続け、あと七年後、60歳でどこまで登れるかを試したいのです。で、当然、登るのは点数ではありません。120点でも米国人と比べると違うとわかります。逆に僕が6020点の時、同じテストで607点だった米国人の方が、自分の憧れる表現を使いまくっていて、自分の目指すゴールには数段近いと感じました。

なので、僕はStephen Colbertや、Jimmy Fallonのように話し、時にGRRM Martin(Game of Thronesの著者)や、New Yorkerの貴社のようにかけるようになることを目標とします。ですので、テストに出る単語は抑えていませんが、日常アカデミックからストリート英語までの自然な米語を日々、多分トップクラスの量を拾って覚え続けています(でも、なかなかoutputに繋がらずそこが今の課題です)。

ローカライズ、ネイティブ化、分かる人はわかってくれるでしょうか?でも、勿論、僕は出会って、testのハイスコア、すごいと思います。いや、僕なんかより数段すごいですよね。僕はテストにそこまで固執できないです。受験の時は自分の理想の環境のために必要でしたし、生徒もそうだと思うので、受験を逆に徹底的に研究して仕込んでいますが。

ということで、改めて同じ方向を目指す方には一緒に学んでいきたいですし(テスト系の方も同じ向上心と思っているので仲間意識ありますよ)、やはり、「ローカライズ派米語塾」やりたいですね!

PS なお、B型の私は10人いて、8人がA地点を目指すと他の2人とBを目指すタイプですね。生物学でこの間そういう話聞いたのですが、僕みたいな人がいるから人間は絶滅しない。皆Aに向かうとそれが間違いの場合、全滅してしまうようです。でも、それは普段は僕はなんだあいつと死んでしまう人?

PPS この文もミス散見されますね。あえて放置ですが、自分の書いたwordpressの方のコラムも同じくらいの量のミスが見えました(数日してから読み返すと見つかるんですよね、お恥ずかしい)。この辺が満点とれない理由で(人のは見つかるのですが)、まあ、性格なりですね。見比べるとわかると思います。例えば:

https://dw64.wordpress.com/2017/03/21/bushido-1-on-japanese-sword-fighting/?iframe=true&theme_preview=true

Hudson B
  1. 2017/03/24(金) 23:44:35|
  2. 英語論
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村